サイズ
※ 男性用カップ:9cm×13cm高さ7cm
皿:直径13.5cm 高さ3.7cm
※女性用カップ::8.5cm×12.5cm高さ7cm
皿:直径12.8cm 高さ2.7cm
※写真のお盆は含まれておりません。
特長

薪窯焼成にて大胆に織部と志野釉が掛けられ優しいが魅力ある味わいの作品

焼成方法

薪窯焼成

※モニーターによって多少色具合が違う場合があります。
美術年鑑掲載作家でもお値段が安い理由
『この陶器って一体いくらなの』
  
陶芸家の作品の適正価格がわかりにくいからこそ
  製作者直売価格でお届けします。

  
直接お客様の元へお届けするので、
  中間マージンを省いたお
買い求め安い価格で
  最高級の作品
をお届け致します。

一般の陶器店 陶芸の窯元、陶芸作家 卸売業者 お届け先

荒川明の
陶芸ギャラリー
荒川明の工房 作家直送
お届け先
『鳴海織部』とは? 

織部釉の緑と志野釉の白い色が美しい!
薪窯にて焼成。織部釉薬は奥山の薪窯でできた木灰でつくりました。
志野釉薬のかいらぎが魅力的で、変化ある色相は見る人を楽しませます。
美味しい冷酒でぐいのみを眺めながら旬のおつまみを頂き、 至福のひとときをお過ごし下さい。
長年、土と釉と焼成の研究を行ってまいりましたが桃山時代の鳴海織部に魅力を感じ茶碗から造りはじめました。
白土に赤土で変化をつけ、そこに大胆に鬼板にて文様を描いた後、素焼きをします。
釉薬は奥山の薪窯でできた木灰で織部と平津長石の志野釉を半分づつ掛けますが、非常に難しい技です。
茶碗、水指、大皿、大壷、日用食器なども製作しております。

荒川明の作品は薪窯焼成の作品がとても多いです。
『薪窯焼成』のこだわり
電気窯 灯油窯 ガス窯 もありますが、
作品の焼き上がり(陶芸用語で景色)の変化が楽しめます。
釉薬(色つけ)で電気でないとだめとかがありますが、
全体的に釉薬物(色付け)の作品も薪の煙、ヤニが作品に付き面白い作品が焼き上がります。




『鳴海織部』ができるまで 

電動ロクロで挽きます

少し乾燥しましたら、高台を削ります

素焼きが終わりましたら、鬼板で文様を描きます。
織部釉薬、掛け分けます。

志野釉薬を掛け分けます 。

薪窯にて焼成
【荒川 明のオリジナル釉薬】
木灰を調合してオリジナルの織部釉薬をつくりました。
木灰のあく抜きはバケツに灰を入れ、根気よく水を入れ替えあく抜きをします。
素手で触ると、手の皮むける程です。

グランドセール カップ コーヒー 鳴海織部夫婦 &ソーサー ♪ikos-1 結婚祝い 退職祝い 定年 還暦祝い 紅茶カップ】ギフト 【1品限定 木箱付き 【文部大臣奨励賞受賞】-コーヒーカップ

事業内容一覧

ビジネスソリューション

プロダクションプリント &
グラフィック

計測機器

光学製品