作品詳細説明

京焼清水焼の作家、山本壹楽の組飯碗です。大小サイズのセットとなります。

シロツメクサやアカツメクサをモチーフにしつつ、色とりどりの彩色の花や葉が幻想的で美しく、またどこか愛らしい雰囲気のうつわです。白地をベースにしているので、シンプルで食卓に合いやすい絵柄になっています。
壹楽らしい、転写のうつわでは決して真似できない、細部までこだわった塗りの濃淡が醸し出すやさしさや柔らかさを感じる、まさに手づくりの温かみを感じるうつわです。

造形についても壹楽のろくろ技術が遺憾なく発揮されており、軽く、かつ丈夫なつくりになっています。渕も鉄でコーティングされており、ちょっとしたことでは欠けにくくなっているため、普段使いのうつわとして末永く愛用いただけます。

描かれているシロツメクサは一般的にはクローバーとして知られ、代表的な花言葉は「幸運」。アカツメクサは「勤勉」を表します。 ご家族用として、あるいは両親やお世話になった方等への幸運を願って、プレゼントしてみませんか。

寸法 大 直径12.5cm 高さ5.5cm
小 直径12cm 高さ5cm
作家 山本壹楽
初代壹楽は、清川一陶のもとに25年間修行後、五条坂に築窯以来彫をほどこした上に、祥瑞、花鳥等を染付し力強い作風を追求してる。
また、赤絵、五彩色絵等も手がけ、作風の広さを示している。

二代目壹楽は、先代のもとで約十年間修行を重ね、平成二年壹楽窯を継承する。
磁器を主とし、湯呑や酒器を中心に、 京焼の伝統と機能性の一体化をめざしつづけている。
先代の作風を踏襲する、彫の上に重厚な染付をほどこした力強い作風を追求してる。

1958年 京都に生まれる
1977年 京都市工業試験場陶磁器科修了
1980年 京都府立陶工訓練校成形科修了
1980年 初代壹楽のもとに修行
1990年 初代没後二代目襲名現在に到る
電子レンジ 不可
食洗器 不可

正規 京焼・清水焼 山本壹楽 白つめ草組茶碗-ご飯茶碗

事業内容一覧